• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

Haskell でテストコードを書くツールをしらべてみた.

メジャーなものは以下

  • doctest
  • QuickCheck
  • HSpec
  • HUnit

各ツールの特徴

doctest

コメントにテストを書くスタイルのツール.

Python の doctest を haskell に移植したものだとか.

QuickCheck

ランダムなテストデータによって関数の性質をテストする.

xUnit とは異なるコンセプトをもつ.

HSpec

xSpec ライクなテストツール.

Ruby の RSpec にインスパイヤされたらしい.

記法が BDD 的.

HUnit を試す

JUnit になじみがあるので, HUnit を試してみた.

Install

$ cabal install HUnit

Usage

Test.HUnit をインポート.

import Test.HUnit

テスト対象コード

import Data.List
import Data.Char
import Unsafe.Coerce

data Nat = Zero
| Succ Nat
deriving Show

natToInteger (Succ n) = natToInteger n + 1
natToInteger Zero = 0

テストコード

tests = TestList
[ "natToInteger 1" ~: natToInteger Zero ~?= 0
, "natToInteger 2" ~: natToInteger (Succ Zero) ~?= 1
, "natToInteger 3" ~: natToInteger (Succ (Succ Zero)) ~?= 2
]

テスト実行

runTestTT (テスト関数名) でテスト実行.

$ runTestTT tests
Cases: 3  Tried: 3  Errors: 0  Failures: 0
Counts {cases = 3, tried = 3, errors = 0, failures = 0}

わざと失敗させてみる.

*Main> runTestTT tests
### Failure in: 2:natToInteger 3
expected: 1
 but got: 2
Cases: 3  Tried: 3  Errors: 0  Failures: 1
Counts {cases = 3, tried = 3, errors = 0, failures = 1}