• このエントリーをはてなブックマークに追加

最近引越しをした. 引っ越す前の町には電源カフェがたくさんあったのだが, 引越し先では, 電源が利用できるカフェが少ない.

なので, ノート PC (ArchLinux) のバッテリを長持ちさせる方法を模索してみた.

スポンサードリンク

バッテリ確認

残りバッテリーを調べる

apci コマンドで, バッテリ状態を見ることができる.

$ apci -b

cbatticon

システムトレイ用のバッテリアイコン.

エコの設定

明るさ調整

明るさを低くすることで, バッテリを長持ちできる.

xcalib

xcalib で, コマンドラインから明るさを調整できる.

# 設定クリア
$ xcalib -c 

# 明るさを 70
$ xcalib -co 70 -a

laptop-mode-tools

laptop-mode-tools は, ラップトップ PC の電源を, 使用状態に応じて適切に調整してくれるツール.

初期設定はここ. /etc/laptop-mode/laptop-mode.conf

起動方法

# サービス登録
$ sudo systemctl enable laptop-mode
# 再起動
$ sudo systemctl restart laptop-mode

# 手動起動
$ sudo laptop-mode auto
# ステータス確認
$ sudo laptop-mode status

追加インストール

  • apcid で laptop-mode-tools から 電源管理.
  • hdparm で Hard Disk の回転数をセーブ.

バッテリーが少なくなったらサスペンド

以下を記述することで, バッテリが少なくなったときに, 自動的にサスペンド状態にする.

/etc/udev/rules.d/99-lowbat.rules

# Suspend the system when battery level drops to 2% or lower
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="2", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="1", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="0", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"