• このエントリーをはてなブックマークに追加

毎晩お風呂の中でゆでダコになりながら, 『プロになるための Web 技術入門』を読みました.

スポンサードリンク

目的: Web アプリケーション開発の基礎を身につけるために

現在, coursera を利用して web アプリケーションの仕組みを学んでいる.

コンテンツ的にも, 英語的にも, よくわからないので, 平易に Web の仕組み について書いてある本で基本を学びたいと思って, ゆでダコになった.

また, この本は, 3 ヶ月前に購入したまま積ん読になっていた.以前も, coursera で rails を利用した web archtectures を学んだはずなのだが, 身体 に知識がしみこんでいない.とても虚しく感じるので, 改めて学んでみた.

感想: 初心者にやさしい平易な入門書

この本は, Amazon の口コミでは分かりやすいと評判. また, 会社のできる社員のデスクにはこの本がなぜか置いてある.

うわさどおりの分かりやすい内容

そして, はたして, 分かりやすさは本物だった

  • 身近な比喩

比喩や例に合わせて, 概念が紹介されるので, わかりやすい.

  • 技術の必要なった背景からの解説

その技術が*なぜ*必要とされたのかが時系列にかかれているため, Web の発展の横軸のなかで概念を理解していくことができることも, 分かり やすさにつながる.

  • 平易

難しいことはかかれていない. 初心者をターゲットにしている.

HTTP も知らないのぉ~? にカチンときたら読むべき

自分は平均よりはそこそこ技術書を読んでいるほうだけれども, この本はお すすめである.

Web は普段当たり前のように利用しているが, それがどんな技術に支えられ ていているかを知ることは, 洋服の内側を覗き込むようなおもしろさがあ る.

自分のような, Web の仕事とは直接関わりがないひとで,HTTP の仕組みすら まともに理解していないことに恥じらいを感じている人は,

絶対に読むべき! 絶対に読むべき!

内容: シンプルかつ王道ではないですか?

Web 技術について, 歴史的な理由を含めて解説されている.

簡単にキーワードを抜き出すと以下の通り. これらの概念が順番に解説され ていく.シンプルかつ王道だ.

これらの概念をすらすらと説明できますか? ボクはできません (だめじゃん)

  • サーバ, クライアントモデル

  • HTTP プロトコル

    • IP アドレス
    • URL, URI
    • GET, POST
  • CGI

    • Cookie
    • Session
  • Web システム構成

    • WEB サーバ
    • DB サーバ
    • アプリケーションサーバ
  • Web アプリーション

    • JSP
    • サーブレット
    • フレームワーク
  • Web アーキテクチャ

    • MVC Pattern
    • layer Pattern

行動目標: CIFS プロトコルと HTTP プロトコルの比較

さて, 概念はなんとなく理解した.

次の目標はこういうものを実装するところだ.まず, 直近の目標としては, coursera の今受講している講座を完了させること.

また, 今は仕事で CIFS 関連の仕事をしている. なので, HTTP プロトコルについて はもう少し深くまなんで, CIFS プロトコルとの比較を行いたい.

さらには, ちょっと仕事で OpenStack もかじることになるかもしれない. た ぶんほんのちょっと. 個人的に注目している Software-Defined Storage も Web サービスであることを知った.この Web 知識をベースにして, そういう Restful な Web サービスをもっと理解したいところだ.