• このエントリーをはてなブックマークに追加

会社でトリプルディスプレイにした結果、 生産性が効率が下がったように感じる今日この頃。

生産性をあげるために、 マルチディスプレイ環境におけるEmacsの使い方について調べてみた。

スポンサードリンク

フレーム間操作

マルチディスプレイでは、別フレームを利用するのがよさそう。

# 別フレームを生成
C-x 5 2 

# ファイルを探して別フレームで開く
C-x 5 f

# バッファを別フレームで開く
C-x 5 b

別フレームへは以下のコマンドで移動。

other-frame or C-x 5 o

next-multiframe-window

ace-jump-mode

もっとベターなのがこの方法。ace-jump-modeを利用する。

これを利用すると、フレームを越えて移動したい場所に3ステップでジャンプできる。

このLispのスゴさは、Emacs Rocksの動画を見るのがよい。

赤い文字でターゲットを絞って、ジャンプできる。すげぇ!

Emacs is Awesome.