• このエントリーをはてなブックマークに追加

掲題のとおり, proxy 配下で git を利用する方法について調べてみました.

スポンサードリンク

設定方法

結論からいうと, 以下のコマンドを叩く.

git config --global http.proxy http://proxy.example.com:8080

これによって, ~/.gitconfig ファイルに以下の行が追加される.

[http]
proxy = http://proxy.example.com:8080

認証付きプロキシの場合

場合によっては, ユーザ名とパスワードが必要. 以下のように打ち込む.

git config --global http.proxy http:// (ユーザ名):(パスワード)@proxy.example.com:8080

ユーザ名とパスワードを.gitconfig に書きたくない場合は, 別ファイルに記述を独立させて, 読みこむ.

[include]
path = ~/dotfiles/.gitconfig.local

SSL エラー回避

error: SSL certificate problem, verify that the CA cert is OK. Details:みたいなエラーがでで失敗するときは, SSL を無向にしてやる. .gitconfig に以下を追加.

[http]
sslVerify = false

gitsubmodule をプロキシ配下で実行

git submodule は git プロトコルで実行されるので, プロキシ配下だと失敗することがある.

以下を実行することで, git プロトコルではなくて, http プロトコルでアクセスする.

$ git config --global url.http://github.com/.insteadOf git://github.com/