• このエントリーをはてなブックマークに追加

161227: 内容が古くなったので、書き直しました。

スポンサードリンク

はじめに

Ruby 開発環境を整えようとおもったが, 普段よく使っている Eclipse を出すにはスクリプト言語は大げさだ.

スクリプト言語はコンソール端末で書くに限る.

というわけで, Emacs 使いなあたしとしては, Emacs での Ruby 環境を整えようとおもった.

いろんなサイトを参考にしつつ, 導入したものを列挙していく.

準備

elip 取得に必要な package.el や el-get.el, git や wget などのツールはインストール済みのこと.

環境

  • Emacs 24.3.1
  • Ruby 2.1.0

優れた IDE の条件

優れた IDE が備えるべき機能は以下

  • シンタックスハイライト/ インデント
    • ruby-mode
  • 検索・置換 iedit, multiple-cursors, helm-ag, helm-swoop….etc
  • タグジャンプ ctags
  • コード補間
    • auto-complete, yasnippet
  • エラーチェック
    • flycheck
  • リファクタリング
  • インタープリタ・デバッカ inf-ruby, pry
  • プロジェクト管理 projectile

シンタックスハイライト/ インデント

ruby-mode

まずはともあれ, Emacs の ruby-mode を使う.

.emacs の設定. 拡張子.rb と接頭語 Capfile,Gemfile を Ruby ファイルと認識させる.

 (autoload 'ruby-mode "ruby-mode"
   "Mode for editing ruby source files" t)
  (add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.rb$" . ruby-mode))
  (add-to-list 'auto-mode-alist '("Capfile$" . ruby-mode))
  (add-to-list 'auto-mode-alist '("Gemfile$" . ruby-mode))
  (add-to-list 'auto-mode-alist '("[Rr]akefile$" . ruby-mode))

enhanced-ruby-mode

今は, enhanced-ruby-mode というものもあるらしい.

以下の機能を強化.

  • インデント
  • シンタックスハイライト
  • リアルタイムの文法チェック

自分はただの ruby-mode でいいかな。一応紹介。

MELPA に入っているので, package.el や el-get.el でインストールできる.

github の元のリポジトリは開発が止まっているようで, 自分は fork 版を入れる.

enh-rubu-mode という名前を探してインストールした.

あとは, 既存の設定で, ruby-mode-hock/ruby-mode-map となっているところを enh-ruby-mode-hock enh-ruby-mode-map で置換する.

参考:enhanced-ruby-mode の概説 – Qiita

ruby-electric

ruby-electric はかっこや do end などの対応関係を自動で補正してくれる.

(require 'ruby-electric)
(add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (ruby-electric-mode t)))
(setq ruby-electric-expand-delimiters-list nil)

ruby-block

ruby-block を導入すると, end に対応する行をハイライトしてくれる.

;; ruby-block.el --- highlight matching block
(require 'ruby-block)
(ruby-block-mode t)
(setq ruby-block-highlight-toggle t)

検索・置換

検索や置換機能が優れているところが Emacs のいいところ。 以下、自分がよく利用するものを列挙。

  • iedit
  • multiple-cursors
  • helm-ag -> 今は ripgrep の方がよい。
  • helm-swoop

コードリーディング

rcodetools ( xmpfilter )

rcodertools とは, Ruby 開発のためのツール群. emacs 界で有名な, rubikichi 氏の作品.

以下のような機能をゆうしている.

  • xmpfilter: Test::Unit assert* / RSpec should* 自動生成, コード注釈
  • rct-complete: 高精度メソッド名・クラス名・定数名等補完
  • rct-doc: ドキュメント参照・コードナビゲーター
  • rct-meth-args: 高精度メソッド情報リスト, TAGS ファイル作成
  • rct-fork: Rails 等重いライブラリを予めロードし, 補完を高速化する (サーバ)
  • rct-fork-client: rct-fork サーバが保持する状態から Ruby スクリプトを実行する
  • ruby-toggle-file: テストスクリプトと実装スクリプトを切り換える
  • rbtest: 小規模スクリプトのための埋め込み Test::Unit

まずは, rcodertools をダウンロードする. gem コマンドで入る.

 $ gem install rcodetools

gem environment コマンドでインストールされた場所を調べて, rcodetools.el を load-path が通った場所にコピーする.

$ gem environment
$ cp /usr/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rcodetools-0.8.5.0/rcodetools.el .

最後に, rcodetools/bin にパスを通す (ここがハマりポイント!) このページに助けられた.

.zshenv とかに,

export PATH=$PATH:$HOME/.rbenv/versions/2.1.0/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rcodetools-0.8.5.0/bin

.emacs への設定例は以下.

 ;; rcodetools
(require 'rcodetools)
(setq rct-find-tag-if-available nil)
(defun ruby-mode-hook-rcodetools ()
  (define-key ruby-mode-map "\M-\C-i" 'rct-complete-symbol)
   (define-key ruby-mode-map "\C-c\C-t" 'ruby-toggle-buffer)
   (define-key ruby-mode-map "\C-c\C-f" 'rct-ri))
(add-hook 'ruby-mode-hook 'ruby-mode-hook-rcodetools)

xmprilter を使うと Ruby コードの行末に「# =>」を入れて xmpfilter を実行するとその行の返り値を見ることができる.

rct-complete を使うと, コードの自動補完が使える.

また, ruby-toggle-buffer はテストコードとソースコードを切り替えることができる.

切り替えたり, メソッドを補完しながら TDD する方法を TDC と名づけている. (Test Driven Completion) README.TDC を読むと面白い.

たくさん機能があるので, いろいろ調べるとよい. ちょっとまだつかいこなせてない. 詳しくは README を参照.

helm-rdefs

rdefs はソースコードの class や module, def といった宣言のラインを引っ張り出してくれるツール.

gem install rdefs

helm I/F を経由して, Emacs から利用することができる.

.emacs の設定は以下.

(require 'helm)
(require 'helm-rdefs)
(add-hook 'ruby-mode-hook
          (lambda ()
            (define-key ruby-mode-map (kbd "C-c @") 'helm-rdefs)))

これはなかなかよいツールだ.

auto-highlight-symbol

シンボルをハイライト表示してくれる.

(require 'auto-highlight-symbol)
(global-auto-highlight-symbol-mode t))

タグジャンプ

ctags/ripper-tags

記事を独立させました.

試してないけれども、GNU GLOBAL でもタグジャンプができるみたい。

コード補完

robe

Ruby 用の補完をする. 補完は auto-complete という有名な elisp がある. もっと賢いのがオムニ補完と呼ばれるもの. これは文法を解析して補完してくれる.

el-get 経由で robe-mode を入れる.

また, pry というものも必要みたい. 詳しくは github の README 参照で.

gem install pry pry-doc method_source

設定を追記.

 ; robe
(autoload 'robe-mode "robe" "Code navigation, documentation lookup and completion for Ruby" t nil)
(autoload 'robe-ac-setup "robe-ac" "robe auto-complete" nil nil)
(add-hook 'robe-mode-hook 'robe-ac-setup)

補完以外にも、ドキュメント参照とか、定義ジャンプができるようだ。すごいぞ robe!!

  • Jump to method definition
  • Jump to super or a constructor called at point
  • Jump to a module or class (provided it has at least one method defined)
  • Display method documentation
  • Display information about method called at point using ElDoc
  • Method and constant name completion

yasnippet-ruby

Emacs のスニペット挿入機能といえば, yasnippet だが, その Ruby 用テンプレート群をいれる.

ここからダウンロードして, yasnippet のスニペット一覧に突っ込む!

いちおう, yasnippets の設定も載せておく. ここでは, ~/.emacs.d/snippets にいれた.

(require 'yasnippet)
(yas/load-directory "~/.emacs.d/snippets")
(yas-global-mode 1)

;; 既存スニペットを挿入する
(define-key yas-minor-mode-map (kbd "C-x i i") 'yas-insert-snippet)
;; 新規スニペットを作成するバッファを用意する
(define-key yas-minor-mode-map (kbd "C-x i n") 'yas-new-snippet)
;; 既存スニペットを閲覧・編集する
(define-key yas-minor-mode-map (kbd "C-x i v") 'yas-visit-snippet-file)

エラーチェック

flycheck

エラーチェックといえば flycheck だ。flymake の時代は終わったと思っている。

(require 'flycheck)
(setq flycheck-check-syntax-automatically '(mode-enabled save))
(add-hook 'ruby-mode-hook 'flycheck-mode)

ついでに, flycheck をカラフルにする flycheck-color-mode-line も入れた.

flycheck のチェッカーとして ruby-lint と robocop を入れてみる.

rubocop

コーディングスタイルをチェックするために, rubocop を入れてみる. 以下を参考にした.

まずは, gem で robocop をインストール.

gem install rubocop

.emacs の設定は以下.

(require 'rubocop)
(add-hook 'ruby-mode-hook 'rubocop-mode)

標準だと, Ruby コーディングスタイルガイドにしたがっているかチェックできる.

  • https://github.com/bbatsov/ruby-style-guide

    カスタマイズは徐々にしていこう.

    さらに, 前述の flycheck の check ツールに rubocop を組み込むことができる.

    flycheck-list-errors で, flycheck が検出したエラーと一緒にチェックできる. I/F の共通化.

(flycheck-define-checker ruby-rubocop
   "A Ruby syntax and style checker using the RuboCop tool."
   :command ("rubocop" "--format" "emacs" "--silent"
             (config-file "--config" flycheck-rubocoprc)
             source)
   :error-patterns
   ((warning line-start
             (file-name) ":" line ":" column ": " (or "C" "W") ": " (message)
             line-end)
    (error line-start
           (file-name) ":" line ":" column ": " (or "E" "F") ": " (message)
           line-end))
    :modes (ruby-mode motion-mode))

ruby-lint

semantic (文法解析) 的に解析してくれるらしい. rubocop との違いについても, github の readme にかかれている.

gem でインストール.

gem install ruby-lint

これも, flycheck のインタフェースを利用してチェックさせる.

 ;; definition for flycheck
(flycheck-define-checker ruby-rubylint
   "A Ruby syntax and style checker using the rubylint tool."
   :command ("ruby-lint" source)
   :error-patterns
   ((warning line-start
             (file-name) ":" line ":" column ": " (or "C" "W") ": " (message)
             line-end)
    (error line-start
           (file-name) ":" line ":" column ": " (or "E" "F") ": " (message)
           line-end))
   :modes (ruby-mode ruby-mode))

リファクタリング

Ruby リファクタリング環境は以外に貧弱だった. なんとかならないものか・・・.

anzu

リファクタリングのリネーム機能を探していたら, これが良さそう.

置換や検索をおしゃれに実行する Elisp. 詳しくは, 以下.

 (require 'anzu)
 (global-anzu-mode +1)

 (set-face-attribute 'anzu-mode-line nil
                     :foreground "yellow" :weight 'bold)
 (custom-set-variables
  '(anzu-mode-lighter "")
  '(anzu-deactivate-region t)
  '(anzu-search-threshold 1000)
  '(anzu-use-mimego t)
  '(anzu-replace-to-string-separator " => "))

ruby-refactor

ruby-refactor は, Ruby でリファクタリングをするためのツール.

.emacs にも設定を追加.

 (require 'ruby-refactor)
(add-hook 'ruby-mode-hook 'ruby-refactor-mode-launch)

こんなことができる.

  • Extract to Method (C-c C-r e)
  • Extract Local Variable (C-c C-r v)
  • Extract Constant (C-c C-r c)
  • Add Parameter (C-c C-r p)
  • Extract to Let (C-c C-r l)

個人的には Extract Method と Rename ができればよいが, Rename はできない.

また, Extract Method は変数を抽出してはくれないのであまり賢くない.

インタープリタ・デバッカ

rubydb

標準ライブラリのデバッカ. ステップ実行できる. elisp は ruby のソースに梱包されている.

inf-ruby

Emacs のバッファから irb を起動する.

(autoload 'inf-ruby "inf-ruby" "Run an inferior Ruby process" t)
(add-hook 'ruby-mode-hook 'inf-ruby-minor-mode)

M-x inf-ruby でバッファが起動. これだけ.

pry

inf-ruby よりも高機能らしい REPL.

(require 'pry)
;; optional suggestions
(global-set-key [S-f9] 'pry-intercept)
(global-set-key [f9] 'pry-intercept-rerun)

quickrun

素早く Ruby スクリプト を実行。

(require 'quickrun)

プロジェクト管理

rake

Interaction with rake command tool.

(use-package rake
  :config
  (eval-after-load 'ruby-mode
    '(define-key ruby-mode-map (kbd "C-!") 'rake))
  (setq rake-completion-system 'helm))

projectile

プロジェクト管理といえばこれ。

Project Interaction Library for Emacs.

自動でプロジェクトのルートディレクトリを探して, それ以下のファイルを見つけたり色々できる.

.projectile ファイルをマニュアルで作成することで, そのフォルダを Route Folder と認識出来る.(要 Emacs 再起動)

(require 'projectile)
(projectile-global-mode)
;; 大きいプロジェクトだと劇的に改善するらしい.
(setq projectile-enable-caching t)

projectile-rails

Ruby on rails 用.

(require 'projectile-rails)
(add-hook 'projectile-mode-hook 'projectile-rails-on)