• このエントリーをはてなブックマークに追加

軽量なターミナルである、rxvt-unicodeを試してみました

urxvtとは

rxvt-unicode(urxvt)とは、軽量なターミナル。

  • Unicode対応
  • 設定ファイルによって、自由にカスタマイズ可能
  • クラッシュしらず
  • 小メモリ、爆速の軽快さ。

などなどの特徴がある。軽量なためxmonadとの相性がよいと、xmonadのサイトで紹介されていたため、ターミナルを乗りかえてみた。

以下でインストール。

sudo apt-get install rxvt-unicode-256color

カスタマイズ

カスタマイズは、~/.Xdefaultsに設定を記入することで実施する。環境は、Linux Mint.

以下のサイトのXdefaultが大変参考になりました。ありがとうございます。

フォントの設定

Rictyを設定。アンチエイリアスも有効に設定。

URxvt.allow_bold:           false
URxvt*font: xft:Ricty:size=12:antialias=true

背景を透過にする

背景に画像を設定して、ターミナルは半透明にすることにする。以下を参考にした。

以下を追記。

urxvt*shading: 80
URxvt*inheritPixmap: true

色テーマをmolokaiにする

色テーマを鮮やかなmolokaiにする。ここを参照。

.Xdefaults結果

余計なツールバーもないし、軽いし、カスタマイズ自由、なかなかいい感じ。

参考