• このエントリーをはてなブックマークに追加

外見大事! 美しいとテンションが上がって作業効率も向上する。

Emacsターミナル環境をカラフルに改造したので、導入したツールを晒します。

Environment

  • Linux Mint 16
  • Emacs 24

Guake

まずは、ターミナルから。デフォルトのGnome端末でも機能としては十分だが、デフォルトツールというところが気にくわないので、デフォルトでない一番人気をさがしたところ、Guakeを入れることにした。

sudo apt-get install guake

Guakeの利点は、画面のサイズが気軽に切り替えられるところ。上からにょきっと現れる操作感がよい。

  • F12で全画面表示
  • ショートカットで半画面表示

暗めの幻想的な背景を探して設定した。

F12を押したときに端末にフォーカスできないバグがあるらしいので、手動で修正。

Ricty

美しいフォントRictyを設定。

tmux-powerline

tmuxのモードラインをカラフルに彩るツール、tmux-powerlineを導入しました。

導入は、READMEに従って作業。カスタマイズはこれから。



Referenced

カラーテーマ

Emacs Color Theme

カラーテーマを変更。Emacsのカラーテーマを変更するには、そもそも Emacs Color Themeを導入する必要があるので、これを導入。

gnuemacscolorthemetest – GNU Emacs Color Theme Test – Google Project Hostingからダウンロードしてきて、ロードパスの通った場所におく。

init.elに以下を追加した。

(require 'color-theme)
(color-theme-initialize)

Molokai

Vimのカラーテーマで有名な、molokaiを導入してみた。カラフルな装飾がMolokaiの特徴。

molokaiのテーマは派生がいろいろあるようなので、Googleで検索して筆頭に現れたこれをいれる。

molokai-theme-kit.el,molokai-theme.elをダウンロードしてロードパスの通った場所へ配置。ここでは、themsというディレクトリを.emacs.dのしたにつくった。

init.elに以下を追加した。


    (add-to-list 'custom-theme-load-path "~/.emacs.d/themes")
     (setq molokai-theme-kit t)
     (load-theme 'molokai t)

emacs-powerline

Emacsのモードラインをカラフルに彩る Emacs Powerlineを入れる。tmux-powerlineと合わせると、画面がとても賑やかになる。

powerline.elをダウンロードして、ロードパスの通った場所に配置。

ここにも数種類のデザインがあるし、ネット上にもさらに多くのものがある。いろいろと試してみる。

init.elに以下を追加

(require 'powerline)