• このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux Mintを利用していると、ノートPCのタッチパッドの感度がどうもよすぎる。そのため、普段はタッチパッドを無効にして、マウスのみを利用していた。

マウスが利用できないときにノートPCを立ち上げると、タッチパッドが制御不能であるためになにもできなくなる。そんなときに、コマンドラインからタッチパッドを有効化する方法を調べた。

xinputコマンドを利用する。

コマンドラインから制御するためには、まず以下を入力。

gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad touchpad-enabled true

制御デバイスのID or 名前を調べる。

% xinput list
⎡ Virtual core pointer                      id=2    [master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer                id=4    [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ SynPS/2 Synaptics TouchPad                id=11   [slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                     id=3    [master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard               id=5    [slave  keyboard (3)]
    ↳ Video Bus                                 id=6    [slave  keyboard (3)]
    ↳ Sony Vaio Keys                            id=7    [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                              id=8    [slave  keyboard (3)]
    ↳ USB2.0 Camera                             id=9    [slave  keyboard (3)]
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard              id=10   [slave  keyboard (3)]

Touchpadという名前がついているものが該当。ここでは、SynPS/2 Synaptics TouchPad id=11

以下のコマンドで有効・無効を切り替える。

# 無効
% xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 0
% xinput --set-prop 11 "Device Enabled" 0

# 有効
% xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1
% xinput --set-prop 11 "Device Enabled" 1

ログインシェルにaliasを切っておくとよい。.zshenvに定義した。

alias touchpad_disable='xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 0'
alias touchpad_enable='xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1'

参考