• このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuxでMarkdownを書くためのよいエディタを探していたところ、ReTextというツールを見つけたので紹介。

ReTextとは、MarkdownやRestructuredTextをかくためのエディタ。特徴は以下。

  • MarkdownやRestructuredTextでかかれたファイルをリアルタイムプレビューできる。
  • HTML シンタックスハイライト
  • PDF, ODT, HTML, Google Docs へのエクスポート
  • HTML生成

今まではWindows環境で MarkdownPadを利用してブログ記事を作成していた。

畜生、ブログエディタ変更だ!Windows上のMarkDownPadで編集してWordPressに投稿する | Futurismo

Linux環境でも同等の機能を持つものを探してたので、このReTextが利用できそうだ。

Mint Linuxでのインストール方法は以下。

sudo add-apt-repository ppa:mitya57
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y retext

Error

以下のエラーが表示されてプレビューを見ることができきない。

ファイルの内容を解析できません。必要なモジュール がインストールされているか確認してください。

コンソールから起動してみるも、こんなメッセージが表示される。

READMEをよくよく読んでみると、Python3.2以上で動作するとのこと。

また、Markdownを利用するには、追加のパッケージが必要とのこと。

システムのPythonのバージョンを調べてみると、Python 2.7.

$ python --version
Python 2.7.5+

Linuxには、現在 Pythonが2種類デフォルトでインストールされているようだ。

$ python3 --version
Python 3.3.2+
$ python --version
Python 2.7.5+

つまり、Python3には markdownがインストールされていなかった。Python3にパッケージをインストールするには、pipではなくてpip3を利用する。

sudo pip3 install markdown
sudo apt-get install python3-pip

これでエラーせずに表示されるようになった。