• このエントリーをはてなブックマークに追加

Eclipse CDTの強力な(Javaに比べると見劣りする)単語補間、コンテンツ・アシスト機能を紹介します。

これで、超高速なコーディングが可能??

単語補間

途中まで単語を入力したあとに、単語補間を実行すると、エディタ内の似ている単語で補間してくれる。

ちなにみ、単語補間は Alt+/に割り当てて、コンテンツ・アシストは Ctrl+Spaceに割り当てている。キーバインドが競合していると、補間が発動しないので、注意すること。競合していたときは、検索窓から Alt+/で競合コマンドを検索して、アンバインドする。

コンテンツ・アシスト

設定のカスタマイズは、以下を選択。

  • 設定 -> C/C++ -> エディタ -> コンテンツ・アシスト

自動有効化でトリガを設定できるので、とりあえずすべてチェックを入れる。トリガが発動するまでの時間も100ms以下にすると、高速でアシストが発動する。

構造のメンバだったり、関数名だったりを、これでガンガン置換できます。

ちなみに、コンテンツ・アシストで出てくるコードテンプレートは自分でも作成できます。以下の記事参照。メタプログラミングが可能です。

Javaならば、Code Recomennderという強力なプラグインがあるものの、CDTにはない。

クイック・フィックス

赤バツが表示されている時に、どう修正すればいいかを教えてくれる。

Ctrl+,でエラー箇所に飛んで、Ctrl+1を次々に実施してエラー箇所を修正。

Javaに比べると、CDTのクイックフィックスは貧弱。定義がないメソッドがあった場合、Javaならコード生成までしてくれるが、CDTはそこまではしてくれない。

パラメータのヒント

これはおまけのような機能。

引数の型をわすれたときにはこれ。ポップアップで教えてくれる。