• このエントリーをはてなブックマークに追加

最近記事投稿数が少ないので、ごまかし程度にメモを。

錆びついたJavaの知識にオイル刺しをしている日々ですが、今日は例外処理をJUnitで実施する方法を調べました。

まずは、Javaでの例外の投げ方。以下の用に記述することで、例外を投げてプログラムを終了させることができます。

throw new (エラー)

たとえば、キューにエンキューしたときに、NULLをエンキューしようとしたときは、以下のようにしてjava.lang.NullPointerExceptionの例外を投げる。

public void addFirst(Item item)
  {
    if(item == null)
      throw new java.lang.NullPointerException();
        ...
}

これを、Junitで期待した例外で終了したかどうかを検証するためには、try、catchを利用する。fail()がコールされないことを持ってして、成功と判断する。なかなかトリッキーな方法だ。

 try{
   (例外を発生させる関数);
   fail("Error");
 }catch((エラー) expected){ }

たとえば、以下のようなテストを記述する。

@Test
public void DequeAddFirstNull()
{
 Deque que = new Deque();

 try{
   que.addFirst(null);
   fail("Error");
 }catch(NullPointerException expected){ }
}