• このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

Jenkinsを利用てリポジトリ監視をしたい。しかし、自分が利用しているSCMは社内独自ツールという、

(´・д・`)

なカンジなので、Jenkinsのプラグインがなかった。しかたがないので、こんな方法でなんとかならないか考えた。

  • cronを利用して、5分毎にローカルのリポジトリをアップデートする。
  • watchrを利用して、ファイルの変更を監視。
  • wgetを利用して、Jenkinsのジョブをキックする。

今回利用するもの

  • CentOS
  • git
  • Jenkins
  • crontab
  • watchr

cronで定期リポジトリ更新

5分毎にローカルで持っているリポジトリを更新する。5分毎の定期実行はJenkinsを利用てもいいけど、これはバックグラウンドで動かしたいので、cronを利用しようと思う。

まずは、crontabに実行したいコマンドを記述する。以下のコマンドでエディタが開きます。

% crontab -e  

cronの記述方法は

「分」「時」「日」「月」「曜日」 [実行コマンド]

詳しくは、以下を参照。

crontabの書き方 — server-memo.net

「/」を利用すると、間隔を指定できる。たとえば、5分毎にコマンドを実行するには、以下のように書く。

*/5 * * * * git pull 

せっかくならば、JenkinsのJobを使ってもよい。その場合は、古いビルドの破棄にチェックを入れて、ビルドの最大保存数を制限する。Jenkinsで5分定期を動かす記法はcronと同じ。

*/5 * * * *

watchrを利用して、ファイルの変更を監視

ファイルに変更があったかどうかを監視するためのrubyスクリプトでwatchrというものがある。これで、ファイルの変更を見つけたらJenkins Jobをキックしてみる。(ちなみに、pythonだとwatchmedo)

[tsu-nera]% gem install watchr
Successfully installed watchr-0.7
Parsing documentation for watchr-0.7
1 gem installed

設定ファイルに監視のルールを書く。設定ファイルの書き方は、Readmeが参考になる。

  • https://github.com/mynyml/watchr/blob/master/README.md

以下のように、監視したいファイルを正規表現で、監視に引っかかったファイルに対して、実行したいコマンドを書く。

watch( 'test/test_.*\.rb' )  {|md| system("ruby #{md[0]}") }
watch( 'lib/(.*)\.rb' )      {|md| system("ruby test/test_#{md[1]}.rb") }

wathcrコマンドに設定ファイルを渡して実行する。

bash-4.1# watchr git.watchr &

wgetを利用して、Jenkinsのジョブをキック

wgetでURLを指定すると、Jenkinsのジョブを実行することができる。

$ wget --http-user=<ユーザ名> --http-password=<パスワード> http://yourserver.com/job/<ジョブ>/build?token=<トークン名>

以下の過去記事も参照。

今回はコレ。

wget --no-proxy --http-user=tsu-nera --http-password=*********** http://192.168.118.130:8080/job/vxUnit/build?token=vxunit_token

まとめると、watchrに渡す設定ファイルは以下のようになる。

watch( 'src/*.[ch]' )  {|md| system("wget --no-proxy --http-user=tsu-nera --http-password=********** http://localhost:8080/job/vxUnit/build?token=vxunit_token") }
watch( 'test/*.[ch]' )  {|md| system("wget --no-proxy --http-user=tsu-nera --http-password=********** http://localhost:8080/job/vxUnit/build?token=vxunit_token") }