• このエントリーをはてなブックマークに追加

JuliusとiRemoconを組み合わせて、部屋の音声認識システムをつくった。
出来栄えは、こんな感じ。

 

参考にしたのはこのサイト。
リモコンはオワコン。音声認識でお部屋の家電を操作してみた。

C++の知識のなさと、Boooooooooooooooooostなコンパイル時間と
戦いつつも、とりあえずの目標達成。
iRemoconを購入してから85時間の戦いだった。

定義した命令はこんな感じ。

テレビ(を|)つけて

エアコン(を|)つけて
エアコン(を|)消して

電気(を|)つけて
天井灯(を|)つけて
すべての電気(を|)つけて
電気(を|)消して
天井灯(を|)消して
すべての電気(を|)消して

MorningMode
SleepMode
RelaxMode
SexyMode
PartyMode

(うるさい|だまって)
ボリューム(を|)大きくして
ボリューム(を|)小さくして
アプリケ-ション起動
Chrome(を|)つけて
Ottava(を|)つけて
Twitter(を|)つけて
Toggl(を|)つけて
Gmail(を|)つけて
Youtube(を|)つけて
ニコニコ(を|)つけて
TVタックル(を|)つけて

こんにちは
おはよう
おやすみ
いってきます
ただいま
ありがとう
きこえてる
今日の天気(を|)教えて
明日の天気(を|)教えて
今何時
今日は何日
ライバルを教えて
今週の目標を読み上げて

 

あとは、Webカメラでモーションを捉えたらコマンド実行するようにして、
家のドアを開けると「おかえりなさい」をしてくれるようにした。

 

本当ならばここで、
「おかえりなさい、ご飯にする?お風呂にする?それとも・・・あたし?」

と、いわしめたいものぞ。悲しき独身生活・・・(´・ω・`)