• このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2013-5-19_19-6-4_No-00.png

CentOSにJenkinsサーバを導入する手順をまとました。この公式手順にしたがいます。

Installing Jenkins on RedHat distributions – Jenkins – Jenkins Wiki

環境

  • CentOS 6.4(ただし、Windows上のVMware Playerで動作している)
  • Jenkins 1.515
  • Java 1.7.0

Javaのインストール

JenkinsはJavaで動作するので、Javaが入っていない場合は、先に入れます。自分の場合は、入ってなかったので、入れました。

ちなみにここで注意が必要。CentOSのデフォルトjavaではJenkinsは動作しないらしい。Sun公式Javaと互換性のあるもの(Sun-compatible)が必要か。

すでにCentOS用のJavaが入っている場合は、削除してJavaを入れなおす。Sunと互換性のあるJavaを入れなおす。一番簡単な方法はjava-1.6.0-openjdkを入れること、と書いてある。記事が古そうなので、1.7を入れる。

sudo yum install java-1.7.0-openjdk

インストールできたか確認。

java -version
java version "1.7.0_19"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.3.9.1.el6_4-i386)
OpenJDK Client VM (build 23.7-b01, mixed mode, sharing)

関係ないけど、Windowsに導入した以下の記事も参考。いろいろ雑学がのってます。

Java JDK インストール方法まとめ(Windows) | Futurismo

Jenkinsのインストール

公式HPにそってコマンドを叩くだけの簡単なお仕事。wgetも入れておくこと。

sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
sudo yum -y install jenkins

簡単かとおもったが、エラーした。。。

 Downloading Packages:
http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-1.515-1.1.noarch.rpm: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"
Trying other mirror.


Error Downloading Packages:
  jenkins-1.515-1.1.noarch: failure: jenkins-1.515-1.1.noarch.rpm from jenkins: [Errno 256] No more mirrors to try.

以下のサイトを頼りに解決方法を探す。

CentOS6.2にJenkinsをインストールする手順 | mawatari.jp

rpmで直接インストールします。これでOK.

wget http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-1.515-1.1.noarch.rpm
sudo rpm -ivh jenkins-1.515-1.1.noarch.rpm

さあ、Jenkinsさん。Welcome to CentOS!

sudo /etc/init.d/jenkins start
Starting Jenkins                                           [  OK  ]

# 起動とともにJenkins起動するおまじない
sudo /sbin/chkconfig jenkins on

Windows上のブラウザからアクセスしようとするが・・・アクセスできないお(´・ω・`)

http://192.168.118.130:8080/

Jenkinsの設定

Jenkinsのデフォルトポートは8080なので、ファイアウォールの設定でポート8080を開ける。設定ファイル /etc/sysconfig/iptablesを編集する。

$ sudo emacs /etc/sysconfig/iptables

以下の一行を追加する。ただし、COMMITの上に追加すること。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080 -j ACCEPT

ファイアウォールの再起動を実施

$ sudo service iptables restart
iptables: ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]
iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter         [  OK  ]
iptables: モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]
iptables: ファイアウォールルールを適用中:                  [  OK  ]

Jenkins氏、北朝鮮より、間違えた、CentOSより来訪。

SnapCrab_NoName_2013-5-19_19-6-22_No-00.png

参考