• このエントリーをはてなブックマークに追加

minttyやemacsで黒背景を使ってると、

青文字が非常に見づらいヽ(`Д´)ノフ

たとえば、alias ls=’ls -F –show-control-chars –color=aut’なんて設定したって、lsコマンド結果はこんな感じである。

SnapCrab_NoName_2013-5-12_11-35-44_No-00.png

 

Emacsで関数を見たら青くて、目がショボショボしてしまう。

SnapCrab_NoName_2013-5-12_11-38-34_No-00.png

こんなときの、目を守るための優しい対策を調べてみた。

minttyの場合

minttyの場合は、.minttyrcという設定ファイルに色の設定を追記する。

このサイトの色設定を参考にして、.minttyrcに色設定を追加。

http://nishikawasasaki.hatenablog.com/entry/20120227/1330313691

Black=0,0,0
Red=255,100,0
Green=183,234,17
Yellow=234,206,28
Blue=65,105,225
Magenta=237,157,185
Cyan=0,191,191
White=255,255,255
BoldBlack=64,64,64
BoldRed=255,100,0
BoldGreen=183,234,17
BoldYellow=234,206,28
BoldBlue=107,155,219
BoldMagenta=237,157,185
BoldCyan=64,255,255
BoldWhite=255,255,25
BackgroundColour=0,0,0

 

こんな感じに改善されました。

SnapCrab_NoName_2013-5-12_11-47-39_No-00.png

emacsの場合

ターミナルの設定をしても、emacs表示は別口なので、別設定が必要。emacsを開いて、以下のコマンドを実行。

M-x list-faces-display

 

すると、色の設定画面が開きます。見にくい色を見つけてEnter。ここではminibuffer-prompt が非常に見にくいので選択。

list-faces-display1.png

 

【Choose】という枠をEnterすると、色を選択することができます。見やすいいろを選びなおして、決めたら[Apply and Save]で保存します。

list-faces-display2.png

 

すると、.emacsに自動で以下のようなものが追記されます。

(custom-set-variables
 ;; custom-set-variables was added by Custom.
 ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
 ;; Your init file should contain only one such instance.
 ;; If there is more than one, they won't work right.
 )
(custom-set-faces
 ;; custom-set-faces was added by Custom.
 ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
 ;; Your init file should contain only one such instance.
 ;; If there is more than one, they won't work right.
 '(minibuffer-prompt ((t (:foreground "brightblue")))))

 

あとは、片端から見にくい色を変更していくのみです。こんな感じになりました。でめたしでめたし。

SnapCrab_NoName_2013-5-12_12-7-16_No-00.png

参考