• このエントリーをはてなブックマークに追加

のだめカンタービレを観た。
楽譜を読むのが面白いと言っていた。
楽譜の中には物語があり、そこに込められた深い意味がある。

そんな風にソースコードを読めれば愉快だなと思う。
そうだ、そんな風にソースコードを読めばいいんだ。
指揮者や作曲家がベートーヴェンやブラームスを研究するように、
ぼくらプログラマだって過去のハッカーのプログラムを研究しよう。
そこに、喜びや楽しみ、深い隠された目的を見つける。

なんて楽しそうなんだろうなぁ、と思ってネットで本を探したらそんな本が見つかった。
早速図書館で予約した。

Code Reading―オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法
トップスタジオ (著), まつもと ゆきひろ (著), 平林 俊一 (著), 鵜飼 文敏 (著)