• このエントリーをはてなブックマークに追加

Eclipse CDT からCppcheckの結果が見れたら便利だなーなんて思って、Eclipseのプラグインを探してみたら、こんなのを見つけた。

cppcheclipse – Integration for cppcheck with Eclipse (CDT) – Google Project Hosting

なんと語呂がいい名前。座布団一枚だ。 というわけで、試してみる。

環境

  • Eclipse 4.2 Juno
  • Windows 7
  • Cppcheck 1.58(注:1.58でないと、Eclipse 4.2 Junoで動かなかった」

cppcheclipseのダウンロードとインストール

Eclipse CDTとCppcheckはインストールされていることが前提で。
Cppcheckがインストール方法は過去記事を参照ください。

CppCheckでC言語/C++のメモリリーク(解放漏れ)を静的解析で検出する。 | Futurismo

注:cygwinからのcppcheckでは動かないので注意すること。

cppcheclipseのインストールは、ツールバーから[ヘルプ] > [Eclipse マーケットプレイス]を選択して、cppcheckで検索すると見つかるので、インストールを選択。

image

Eclipseでの設定

インストールして再起動したら、ツールバーの[ウィンドウ] > [設定] > [C/C++]を選択する。選択項目にcppcheclipseが現れる。

まず、Cppcheckの実行バイナリを選択する。

image

次に、[設定]を選択して、cppcheck実行時のオプションを選択する。
とりあえずは、"–enable=all"だけでよい。

130302_1.png

 

cppcheckを実行する

プロジェクト・エクスプローラからcppcheckを実行したいファイルやフォルダを選択して、右クリック。[cppcheck] > [run cppcheck]を選択して、実行。

実行の結果、エラーがあった場合は[問題ビュー]から確認できる。
そのまま、該当箇所にもジャンブで移動可能なのが嬉しい。

エディタにも、エラー箇所は赤く表示される。

130302_2.png

 

[Ctrl + Alt + C]がCppcheckの実行に割り当てられている。
これで、アクティブなファイルに対して即座に静的解析が実行できる。とても便利だ。

cygwinにインストールしたcppcheckは使えない

cygwinにインストールしたcppcheckだと、cppcheckの結果を正しくEclipseがパースしてくれない。templateの指定方法が間違ってるようで、"問題"ビューにあらわれてくれない。
下のような感じで、表示されてしまう。

‘{file}:{line},{severity},{id},{message}’

WindowsにインストールしたCppcheckを使うこと。