• このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログのレンタルサーバはロリポップを利用し、WordPressで運営しています。


お正月ということで、万が一のデータロストやサーバダウンに備えたバックアップ方法を調べてみました。題して、

WordPress完全バックアップマニュアル

なんだか、完全自殺マニュアルっぽくて、胡散臭さがいい感じです。

 

バックアップ対象について

WordPressのバックアップは、以下の2つに分けられます。

  • WordPress本体のバックアップ
  • MySQLのバックアップ

WordPressの方はサーバにFTPしてデータを持ってきて、データベースの方はMySQLにログインしてバックアップを作成して・・・・

なんて、手動バックアップはバカらしいですね。

WordPress本体とデータベースを自動かつ定期的にバックアップ

できる便利なプラグインないかなーと探したところ、ありました。それが、

BackWPup

です。では、順に見て行きたいと思います。

環境

  • ロリポップ ロリポプラン
  • WordPress 3.5
  • MySQL 5.1.34

BackWPupを使ってバックアップする

BackWPupのインストール

ダッシュポードから[プラグイン] > [新規追加] を選択。
検索で[BackWPup]を見つけて[今すぐインストール]を選択。
インストールされたら[プラグインを有効化]して完了です。

BackWPupをどう設定するか

次に、BackWPupの設定をします。

WordPress本体とデータベースを自動かつ定期的にバックアップ

の全ての要件を満たすために、以下のことを実施します。

  • 毎日2:00に定期バックアップを実行する
  • Dropboxにバックアップする。

バックアップする時間はサーバ負荷の少ない深夜を選びます。
このプラグインの嬉しいところは、バックアップ先にDropboxを選択できることです。
自動でクラウド上に保存できれば、バックアップシステムとしては完璧です。

他にも、FTPができるサーバ、Google Storage、Amazon S3、SugarSyncにもバックアップできるみたいです。

BackWPupの設定方法

ダッシュポードから[backWPup] > [Add New] を選択。
[Job Type]で [File Backup]と[Database Backup]の両方にチェックが入っていることを確認。

[JobSchedule]で[Activate Scheduling]にチェックを入れる。
深夜の2:00に実行するように設定。

[Database Jobs]でバックアップ対象のDBを選択。
ここでは、Defaultのままで特にいじらない。

[File Backup]でバックアップしたいファイルの設定を細かく調整。
自分がいじったのは、[Themes]の部分。不要なテーマはバックアップ対象外に。

送信者 Futurismo

上記は、BackWPup1.xでの情報です。2.xではUIに変更がありました。
設定項目に変更はありません。(そのうち書き直します)

Dropboxをバックアップ対象先に設定

Dropboxをバックアップ先に設定します。
[Backup to Dropbox]のボックスで[Authenticate!]を選択します。

Dropboxの認証サイトに飛ぶので、そこで連携を[許可]します。

送信者 Futurismo

[Root]で[Dropbox]を選択します。
[Folder]でバックアップ先のフォルダを選択します。
フォルダは予め作成しておく必要があります。ここでは、以下のように入力しました。
(ここのパスが間違っていると[Backups]タブでErrorと表示されます)

Buckup/sites/wordpress

最後にバックアップする世代数を入力します。

送信者 Futurismo

 

上の[Job Types]の[Save Changing]を押して、終了です。

バックアップを実行してみる

バックアップのテストをしてみます。
[Jobs]タブから先ほど作成したJobで[Run Now]を選択して、実行してみます。

送信者 Futurismo

すると、黒いコンソール画面に切り替わり、バックアップが実行されます。
数分間、ハラハラドキドキしながら待つと進捗が100%になり、終了します。
さあ、バックアップはされたかな・・・とDropboxを覗いてみます。

ブラボー。バックアップは成功したようです。
backwpup_1_2013-01-02_10-36-38.zipというファイルが作成されました。

コレで枕を高くして眠ることができる。実際にバックアップしたデータをリストアできるかも試してみようと思いますが、長くなったのでまた次回。